• 株式会社誠和は電気工事の会社です。人生を楽しむ人達の生業が電気工事という事なのです。

2024カブトムシ羽化・配布情報などのページ

7月12日の最新情報

最近は大きいオス(しかも80up!)が良く出現します。また、メスが多く出てくる傾向。こういう場合、大体、シーズン末期が近い感じです。82ミリ超が2匹と78前後が5匹出てきました。

配布可能数:オス40・メス20

状況:羽化も中盤超えていよいよ終盤。メスが増え、オスは大型ばかりに成ります。

学校などでの観察用で、多少数を揃えたい場合は、お電話ください。

また、来られる方は虫かごか飼育ケースも持って来てください。予備のケースも有るには有りますが、数が少ないので・・

044-322-0555

このままお持ちしました。子供達には色々と質問されたり・・でしたから、もう少しホームページによる解説を充実させませんと・・

という事で ↓

   ↓  カブトムシの育成・繁殖などの説明するページを作っていきます。

7月12日

7月3日から採卵していたケースを掘って見た所、卵を無事に発見出来ました。2025年の種に成る物です。という事で、二つほど掘り返してタッパーに入れました。カブトムシ卵の孵化の流れを観察するなどして、夏休みの課題にしてみては如何でしょうか?タッパーに入れての観察方法は、リンク先ページで詳しく解説します。卵はここで解説しているように、マット下の方の固く押し固めた層に産み付けますから、そこまで掘れば簡単に回収できます。

7月11日

4匹とも80ミリ超えとか、今年は何か大きくてワクワクしますね。因みに80.7~83.8。最大はもっと大きそうなのですが、中々測らせてくれません。大きくて凶暴なのは、良い種オスに成ります。推定84ミリ以上。こうなってくると80ミリ超えの個体も配らないと!

コメントを残す